読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性転換子の生き様

性転換で男→女に変わった生き物の生態

SEX CHANGE

性同一性障害の生活覗いていきませんか?

高校生編・・・治療を始める 性同一性障害⑨

前回の記事

高校生編・・・性同一性障害と向き合う 性同一性障害⑧ - 性転換子の生き様

やっと自分が病気なんだってわかった。

 日本中にも同じ病気の人がそこそこ(多分10万に一人くらいだったかな)いて、

同じ悩みを抱えてる。ちゃんと病院でも見て貰えて、治療もして貰える。

それだけでとても嬉しかった。

高校生の間の治療内容は服薬と近況報告だったかな。服薬っていっても性同一性障害のための服薬じゃない。高校を転校して精神科に受診した時は色々まいってた、人と話すのも辛かったし、すっごく怯えてた気がする。

だからそれを緩和するための薬。不安を和らげる薬とか眠りやすくする薬とかね。

性同一性障害のためのホルモン剤は18歳以上じゃないと出来ないから、私が治療を受けたときはまだ不可能だった。(過去の記事で未成年って書いてたかも?間違ってた!ごめんね!)

 

でもね、私ここでちょっとズルしちゃったの。ホルモン剤注射してくれる所を自分で探して年齢に嘘ついたか親の許可もらってますとか何かいって18歳より前に始めちゃったんだよね。少しでも早く、男としての成長を止めたかった。少しでも早く女性の体になりたかった。この判断は良いか悪いかっていうと、私の中では良かったと思う。

性同一性障害には最大の難関は「パス」なんだけど、これは早めに男の成長を止めた方が有利に運ぶから。

パスっていうのは、女性として生活して周りから見ても女性で見られるかどうかって事ね。これはほんとに難しい。性転換手術しても女性に見えない人は見えないし、手術しなくても女性に見える人は見える。パスするために性転換手術以外にも整形手術する人は少なくない。そうなると女性として生きていくための費用がぐぐ~んと上がる。

早めに男の成長止めちゃえば、そういう費用が削減できるから早めに社会に出られるんだ。

 

私の行ったのは大阪駅から歩いて10分くらいの路地裏にある小さなクリニック。お医者さんはちゃんと免許もってるんだけど、多分綺麗な仕事以外も色々やってた人なんだと思う。客は私みたいな性同一性障害やおかまさん、それ以外にも整形で綺麗になりたいの!っていう普通の人や危ない人もいたと思う。

そこで2週間に1回注射してもらってた。1回2,3千円くらいだったから月に6千円くらい。高校生には高い出費だけど普段お小遣いとか使わないからあんまり費用は苦にならなかった。

 

ちなみにホルモンの効能は

・胸がでる(大きい人は結構大きくなるみたい。私はDまで大きくなった)

・体付が丸っこくなる(角ばった部分が減ってくんだよね。)

の2つが主な効果だった(はず)

残念な事に声が高くなったりはしない・・・。そういう意味でも女性の声が普段でない人は女性の声を出す特訓が必要なの。

勿論、副作用もある。

・太りやすくなる(らしい)。私はそんな太りやすくなったとは思わなかった。

・腎臓に負担がかかる。注射と錠剤があるんだけど錠剤の方が負担大。

・精神が安定しなくなる(人もいるらしい)。性同一性障害に安定してる人なんていると思えないから、あんまデメリットと思えないけど(笑)

ホルモン療法を受ける人は上記の事をしっかり認識して受けてね。ちなみに長い間取りすぎると薬やめても男性機能なくなるんだって。男の娘とかで手だしてる人いるけど止めた方が良いよ・・・・。