読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性転換子の生き様

性転換で男→女に変わった生き物の生態

SEX CHANGE

性同一性障害の生活覗いていきませんか?

戸籍獲得編・・・紙切れ一枚だけの私 性同一性障害52

前回の記事

戸籍獲得編・・・最初で最後?の裁判所 性同一性障害51 - 性転換子の生き様

裁判所へ行って色々質問を受けた数週間後に私に来た郵便物。

 それは裁判所が正式に私を女性として認める通知だった。

紙1枚に私を女性として認めますみたいな内容が書いてあるだけの紙。

でもそれが届く1秒前までは私は戸籍上男でそれが届いた瞬間に女になるの。

貰った瞬間私が思ったことは

「やっと女性になれた」「これで堂々と女として生きていける」

とかいう嬉しい気持ちとかではなく

「やっと終わった。」

だった。

物心がついてから自分の性別に違和感を持ち十何年以上生きてきた。

自分の見た目と戸籍の性別がちがうために苦労したことなんて数えたらきりがない。

なんとか今度は上手くいきそうって思った時も男の性別が邪魔をする。

そんな事を何度も繰り返してボロボロになった後に手に入れた裁判所からの通知。

 

貰って数週間はその通知をコピーして色んなところに提出しにいった。住民票や戸籍謄本の変更、銀行口座や保険の変更。パスポートに免許証など。

全部女性の名前で女性の性別にした。一部の金融機関では性別変更なんて手続きは初めてだったらしく色々手間取ったけど最終的には全部変わった。

 

そして戸籍が変わったことによって私の年金手帳も女性になり就職活動も出来るようになった。応募する時にわざわざ自分が性同一性障害だったことなんて言う必要もないし、自分からばらさない限りばれることはない。

勿論既卒だったからそこそこ苦労したけど今は普通に女性として働いている。

あれからそれなりの年数を経って思ったことを正直に書こうと思う。

 

このブログを読んでいる人には私と同じ立場の人がそれなりにいるから、あんまり書かない方がいいのかもしれないけど自分のブログで嘘ついてもしょうがないなって。

 

はっきり言ってマジメに生きるのがバカらしくなった。

戸籍が女性じゃないばっかりに努力なんてどれだけしても社会で受け入れて貰えない。なのに社会に出ていないと白い目で見られるジレンマを抱えながら生きてきた。

あの普通の人間が奇異な物を見るような目。どれだけされてきただろうか。

なのにね、戸籍が女性なった途端、社会の色々な仕組みが普通に接してくるの。

それを嬉しいって思う人もいるのかもしれないけど、私はすごくバカらしくなった。

今の私は努力なんてほとんどしない。学生の頃の方がどれだけストイックに生きてきただろうか。でも学生の頃の私と今の自分を並べて

どっちに話しかけますか?どっちと接しますか?

って社会のコミュニティに聞いたら今の私って答えるんだよね。

学生の頃より遥かに劣った今の自分を。

 

裁判所から貰った紙切れ1枚で、

朝に通勤電車でぎゅうぎゅうに押されることも。会社で同僚と他愛ない会話をすることも。働いてお給金をもらうことも。社会のあらゆる仕組みから普通の人間として接してもらえるようになった。

過程より結果が大事って言葉があるけど本当にそれだと思う。

私の人生は 色んな努力してどうやって性別の違和感を抱えながら普通の人と同じ場所に入れるだろうかっていう過程は何も意味をなさず

手術をちゃちゃっと受けて裁判所から女性として認めますよっていう結果さえあればいい人生だった。

 

だからマジメに生きるのが本当にバカらしくなった。

今まで生きてきた人生経験より裁判所の通知1枚の方が大事な人生。

多分ないだろうけど、もしこれからやっぱりあの通知は取り消しますってなったら

また前の生活に逆戻り。そんな自分の人生に価値も夢も何も持てるはずがない。

だから人と話しててホルマリーさんの夢とかって何?って聞かれちゃうとニコって笑って「特にないです」って答えるしかないの。

 

戸籍変更を学生の早い段階で出来ていたらこんな事思わずに今の人生をもっと謳歌しようとしていたのだろうか。

何にせよ同じ性同一性障害の人には戸籍変更の大事さを知って欲しい。たまーにどっかのインタビューに女装を楽しんでるだけみたいな人が

「特に戸籍までは今は変えようと思ってないんですよね。今の姿でも女性としては接してもらえますから」

なんて言ってるのみるけど、そういう人はフリーターだったり学生だったりで社会の一員としてがっつり働いてる立場じゃなかったりするんだよね。でもね、そんな立場でずっと生きられるほど甘くないのは読者の大人の人は分かってると思う。

 

本当に性同一性障害で悩んでいる人は早く戸籍を変えなさい。

戸籍を変えずに社会に受け入れてもらえるはずなんて無駄な努力を繰り返してばっかりいると私みたいになっちゃうからね。