読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性転換子の生き様

性転換で男→女に変わった生き物の生態

SEX CHANGE

性同一性障害の生活覗いていきませんか?

大学生編・・・優しい人 性同一性障害㉙

前回の記事

大学生編・・・二度目の恋 性同一性障害㉘ - 性転換子の生き様

友達関係に終止符をうつ日が来た。

 いつものように友達として一緒にお出かけした先で告白された。

最初からセックス出来ないのって断るのも嫌だったから

 

「友達じゃだめなの?別に彼氏彼女の関係にならなくても良くない?

私そんな関係になったらめんどくさいと思うよ?」

 

みたいな自分に否定的な言葉を混ぜて友達関係を維持しようとする私。

でも彼からは「友達っていう関係ではこれ以上いられない。」っていうはっきりとした態度を取られた。それを言われた時、正直言うと嬉しかった。自分を女として見て貰えてるんだなって。真剣に私の事を考えてくれてるんだなって。

それと同時に罪悪感と空しさも襲ってきた。やっぱり私はこの人を騙してることになるんだろうか。どれだけ自分が女だと思っていても実際は偽物なんだろうかって。

だから用意してた言葉を言った。

 

「私セックス出来ないんだよね。あーいうのどうしてもダメで。だからごめんね。」

 

あーこれで楽しかった時間も終わりか~。まぁしょうがないか。性同一性障害なんだし。 なんて考えてると。

 

「セックス出来なくてもいいよ。それでもいいから付き合おう。」

 

って返事が返ってきた。前の恋愛でもびっくりしたけど、セックス出来なくてもいいって答える男の人がいることに驚いた。この時には恋愛の中には絶対セックスっていう行為が含まれてるっていうのは理解してたし、それが出来ない男女の関係なんて存在しないって思ってたから。

正直返事に困った。彼の事は好きだけどこのまま恋愛関係に足を踏み込んだら絶対傷つけちゃう。でもセックス出来ないのを理由に断ったのに、セックス出来なくていいって返されてそれでも拒否したらややこしくなるなっと。

じゃあセックスが理由じゃないの?実は嫌いなの?嫌いなのに何回もデートしたの?

ってなっちゃうよねって。

だから「ホントにいいの?」って聞いて「いいよ」って答えが返ってきたから彼氏彼女の関係になることにした。セックス出来ないし、女としては出来そこないだけど彼女として自分で出来る事は全部しようって。

 

彼女として付き合い始めてからは自分の過去以外には嘘をつかずに接した。好きっていう気持ちもちゃんと口に出すし、前までは歩いてる時に手が触れたらさっと引いてたけど堂々と手も繋いだ。

彼のために誕生日プレゼントもいっぱい悩んで買ったし、デートする日は彼の好きなジャンルのレストランとかないかなってリサーチしたりもした。

 

そして、外でデートだけでなくお泊りもした。彼の部屋で得意なクリームシチューを作ったら美味しいって言って貰えたのがすごく嬉しかった。

食後にごろごろしてる時、過去の話になった。彼の過去の話は私が思ったとおりの普通の人の過去の話。中学ではこうで高校ではこうだったんだって。今の大学に入った理由はこんな夢があったから入ったんだよって。

それを聞いてさすがだな、私の好きな人は素敵な人生送って来たんだなって。

勿論、その後私の過去を聞かれた。

嘘をつくのは得意だから当たり障りのない女の子の話でもねつ造して答えても良かったんだと思う。でも彼には嘘は付きたくなかった。だからってホントのことも言えない。

だから性同一性障害ってことを伏せて話してみた。

 

昔、ちょっとした病気にかかってそれが原因でまともな中学生活も高校生活も遅れなかったんだって。いじめにもあったし家族関係もぐちゃぐちゃになったし、前の大学もそれが原因であんまり上手くいかなかったんだって。

 

彼の目を見ながら話すのは難しかった。だから話し終わるまでは壁を見つめながら話してた。話し終わって彼を見ると彼は泣いてた。大変だったねって。辛かったねって。

あぁこの人は私のために泣いてくれる人なんだ。やっぱりこの人優しいな。

泣いてる彼を見てそう思った。